おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の土曜日、自立支援教室に参加させていただきました。

7月から私の体調不良でお休みさせてもらっていたのですが、2月のお楽しみ会によんでいただき、娘がまた通いたいという思いもあり、再開することにしました。

昨日の内容はいつも通り紙芝居で始まり、アカデミックスキル、ゲーム、簡単な工作などでした。

先生の配慮で、娘はサポーターの方に支援をお願いすることになりました。
前々から感じていたことなのですが、私がサポートすると甘えがでて混乱したりするので、第3者のほうがいいという判断のようです。

少し・・・いや、かなり寂しいのですが(笑)、もう親以外のコミュニケーションを本人が求めているのかもしれません。

娘は第3者に心を開きにくいタイプですので、サポーターの方をてこずらせているようです。本当に申し訳ないです。

でも、また通ううち、娘の世界が広がってくれればと思います。


本の紹介

支援教室で他の保護者の方から紹介していただいた本です。

    困ったとき辞典 『こころリソースブック出版会』
    自閉症や知的障害をもつ子ども達が、場面に応じて適切に行動できないのは、様々な経験を実際にする機会がないからなのかも知れません。こんなときはどうしたら?マンガを通して一緒に学んでみませんか?
    ●森 正人・多田 早百合・船橋 奈生子 著 (A5判・185頁) 1,000円

パラパラと中身を見せてもらったのですが、例えばレジにお客さんがたくさん並んでいる時。
状況判断の苦手な子は、どうしたらいいか分からなくなったり、順番抜かしをするとかで、適切な行為がとれない場合も。

そういう困った状況になった時どうすればいいか、いくつかの事例を漫画で提案してくれます。
本人が読むか(ある程度読解力が必要でしょうが)、支援者が読んで勉強し、本人にアドバイスするのがいいかもしれませんね。

ソーシャルスキルを学べる感じだと思います。

結構気に入ったので、注文してみようかなぁと、考え中です。
スポンサーサイト

【2006/03/19 16:03】 | 地域情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。