おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなり日記の方をサボってしまって申し訳ありません。
運動会や祭りも終わり、ようやく落ち着きましたので、日記再開です(笑)

さて今のシーズン、就学前の5歳児さんは進路の事でお悩みの保護者の方もいらっしゃることでしょう。
そこで今月は私の小4の娘が就学時に悩んだ事や体験したことを日記に連載していこうと思います。
ご期待下さい(笑)


第1回目はまず、どういう手順で進路を決めたのかお話しします。

うちの娘は5歳児の時は木馬園にいましたので、先生方が進路相談に応じてくださり、情報はたくさん入ってきました。

手順としては
①市役所にて行われる就学相談会に参加。(保護者)
②木馬園に地域の小学校の校長先生と養護担任が見学に来園。
③地域の小学校と佐野養護学校に体験入学。(保護者&児童)
④市教委の方と介助人について相談。
⑤木馬園の先生方と相談。どの進路がいいか比較検討。
⑥市教委に進路先を報告。

木馬園にいると大体こんな感じだったと思います。
保育園や幼稚園にいる方は少し事情が違うかと思いますが、見学や体験入学は各学校に申し込みをすると、たいていは応じてもらえると思います。
1度で納得できなければ何度でも学校や市教委と話し合う方が良いでしょう。

上に記した手順の他に、合間に発達検査が入ったり、医師の診察が必要な場合もあるようです。
特に養護学級に通級する場合や介助人をつけてもらう場合に診断が必要な時があるのかもしれません。
娘の時は必要なかったのですが、知り合いの保護者の方に必要だったと聞いたことがあります。

次回からは各項目について詳しく掘り下げていきたいと思います。
スポンサーサイト

【2004/10/11 16:53】 | 発達障害
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。