おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間にもう8月!学校にいってる子供さんは夏休みの宿題、順調に進んでます?
うちは進み具合はまあまあ。
でも、内容にちと、難ありです。

4年生ともなると夏休みのドリルの内容がかなり難しい。
去年までは国語と算数のみだったのに今年は理科や社会まである。
国算も内容が難しい…

ドリルをやっていても自力で解ける問題なんてほとんどない。
算数の数式がホンのわずか。
あとは私が誘導で答えを導き出すか、最悪、答えを教える事になってしまう。
誘導で答えを出せるうちはまだいいと思うけど、答えを教えなければこなせない宿題ってどうかと思う。

できないことを嘆いてるんじゃないんです。娘にとってプラスになるかどうかなんです。

娘が何か物事に挑戦する時、『娘の力よりもちょっとだけ高いハードル』というラインを心がけるようにしてます。
そのラインが『達成感』や、『やってみようという意欲』引き出せると思うからです。

それなのに今回の宿題は全くそれがありません。
あまりに難しすぎるから。

今日は別の宿題もしていました。こちらは漢字の書き取りです。見て書き写すのは得意なので、一つ一つ丁寧に書いている様子はこちらも見ていて頑張ってるのがよく分ります。

とにかく今年はこの宿題をしていくしかありません。急に変更するとパニックになってしまうからです。

冬休みの宿題ではもっと先生と話し合わなければ、と自分を戒めています…
スポンサーサイト

【2004/08/02 16:41】 | 発達障害
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。