おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は雨が降り、かなり蒸し暑い日でしたよね。

そろそろ、学校の制服も衣替え。
この時期なると思い出すエピソードがあります。

私の娘は高機能自閉症なのですが、環境の変わり目なんかに気持ちの切り替えが出来ず、順応するのが難しい時があります。

衣替えもそのうちの一つで、以前は制服が長袖から半袖に変わるとき、よくパニックになっていました。

その理由というのも自分の服装が変わるのが我慢できない、というよりも、周りの子供達が衣替えの時期になると、服装がばらばらになるのが許せなかったようです。

半袖の子がいたり、制服の上着を着ずに長袖のカッターブラウス一枚の子、気温によって半袖シャツの上に制服の上着を着たり脱いだりする子…
そんなばらばらな様子が気になって仕方なかったようなんです。

「なんで、長袖なの?!早くみんな半袖になってよ!!」

こんな言葉で訴えられたのを思い出します。
言われてすぐは何のことやら分らなかったのですが、いろいろ考えるうちに娘の思いが分ってきて、『この時期は暑い日や寒い日があっていろいろだから、みんな服装もいろいろになるんやで』と説明したり、学年が進むにつれて毎年その光景を見るので、慣れてきたりということもあって、今では娘自身が納得してくれたので、パニックになることはないです。

それともう一つ、自分がこうしようと決めたことに関して変更がきかず、譲れない事があります。

それも服装に関しても現れていたことがあって、衣替えに時期に"今日は学校で制服の上着を脱いでおこう"と自分で決めると寒くてもブルブル震えながらシャツ1枚で過ごしていたりします。
何度先生たちが上着を着たほうがいいよとおっしゃって下さっても、言う事をきいてくれません。

そこで学校の先生が考えてくれたのがあらかじめ服装の変化を気温によって設定し、娘に分りやすく絵で示してあげるというものです。

例えば気温が何℃以下になったら上着を着ましょうとか、何℃以上は半袖にしましょうとかそういうものです。

これを使うことによって服装のTPOが身についてきたようです。
かなりいいアイデアで先生のご協力に感謝しています。

こんな感じで常に生活に工夫がいる毎日。
でもこんな生活も最近は楽しむ余裕も出てきています(笑)
スポンサーサイト

【2004/05/13 13:38】 | 我が家の話
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。