おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥平綾子@ハルヤンネさん

7月 8日(金) 11:00~13:00
堺市総合福祉会館にてダダ母さんで有名なハルヤンネさんの
講演会があり、出席してきました。
印象に残った内容を簡単にまとめましたのでご紹介します。

自閉症の人の感覚を体感してみよう

このカテゴリーが私にとって一番印象に残った内容でした。娘のことを分かってあげたい、しかし娘はうまく表現できない…そういう私の歯がゆさが、少しだけ解消されたように感じました。

●体験学習⇒どう聞こえてる?どう見えてる?どう感じてる?
  
どう聞こえてる?
これは娘にも当てはまることなのですが、うるさい所だと、いろんな音が混じって聞こえるようです。(けっこう自閉症の人に多いですよね)必要な音に集中する、と言うのが難しいのですね。

どう見えてる?
ハルヤンネさんが自閉症の人の見え方について例を挙げてくれたのが、透明なペットボトルの上部を数センチ残して口の部分を切り取って中をのぞく、と言うものです。口部分で開いてるところは鮮明で回りはぼやけている。
これはピンポイントで集中してるところ(興味のあるもの)は見えてるが他はぼやけてる(意識下で)ということらしいです。
(う~ん、うまく表現できない…間違ってるかな?)
感じ方や考え方もこれに近いとおっしゃっていました。なんとなく納得です。

●ワークショップ⇒絵になる言葉と絵にならない言葉があるよ

自閉症の人は視覚優位な人が多いですよね。そのことを分かりやすく体感するためちょっとした"課題"を出されました。10名限定!

課題 以下の言葉を絵にして下さい。

3つ きれいに しっかり ほうき 思いやり
かご ジュース 走らない 責任 食べる

どうですか?できましたか?
お気づきかもしれませんが、この10項目のうち、太字で書いたものは絵にしやすい言葉です。それ以外は絵にしにくい言葉です。

自閉症の人はイメージや絵に置き換えられない言葉ほど、理解するのが困難だと言うことです。責任なんて絵にしようたってできませんもんね。
『ここを責任もって掃除しないさい』って言われても、『もつって何を持つの?』と面白い勘違いに発展する可能性も(笑)
逆に『ほうきを持って、このゴミを集めてください』と言った具体的な表現なら分かる、ということなんですね。

おわりに

今回、ハルヤンネさんの講演会には初めて参加させていただきました。
とっても楽しい方で、笑うところがたくさん!
笑ってためになって、一石二鳥だなんてお得だなぁ。
スポンサーサイト

【2005/07/08 18:29】 | 講演会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。