おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の土曜日、自立支援教室に参加させていただきました。

7月から私の体調不良でお休みさせてもらっていたのですが、2月のお楽しみ会によんでいただき、娘がまた通いたいという思いもあり、再開することにしました。

昨日の内容はいつも通り紙芝居で始まり、アカデミックスキル、ゲーム、簡単な工作などでした。

先生の配慮で、娘はサポーターの方に支援をお願いすることになりました。
前々から感じていたことなのですが、私がサポートすると甘えがでて混乱したりするので、第3者のほうがいいという判断のようです。

少し・・・いや、かなり寂しいのですが(笑)、もう親以外のコミュニケーションを本人が求めているのかもしれません。

娘は第3者に心を開きにくいタイプですので、サポーターの方をてこずらせているようです。本当に申し訳ないです。

でも、また通ううち、娘の世界が広がってくれればと思います。


本の紹介

支援教室で他の保護者の方から紹介していただいた本です。

    困ったとき辞典 『こころリソースブック出版会』
    自閉症や知的障害をもつ子ども達が、場面に応じて適切に行動できないのは、様々な経験を実際にする機会がないからなのかも知れません。こんなときはどうしたら?マンガを通して一緒に学んでみませんか?
    ●森 正人・多田 早百合・船橋 奈生子 著 (A5判・185頁) 1,000円

パラパラと中身を見せてもらったのですが、例えばレジにお客さんがたくさん並んでいる時。
状況判断の苦手な子は、どうしたらいいか分からなくなったり、順番抜かしをするとかで、適切な行為がとれない場合も。

そういう困った状況になった時どうすればいいか、いくつかの事例を漫画で提案してくれます。
本人が読むか(ある程度読解力が必要でしょうが)、支援者が読んで勉強し、本人にアドバイスするのがいいかもしれませんね。

ソーシャルスキルを学べる感じだと思います。

結構気に入ったので、注文してみようかなぁと、考え中です。
スポンサーサイト

【2006/03/19 16:03】 | 地域情報
トラックバック(0) |
今日は泉佐野市内の小学校が卒業式ですね。

このたび、今日の良き日を迎えられた皆さん。

ご卒業、おめでとうございます!

中学校へ行っても楽しい学校生活を送ってくださいね。


おんりーわん 活動報告3月

3月8日(水)泉佐野人権文化センターにて七野先生の勉強会が行われました。

七野先生のご紹介は本館の『はじめの一歩』の中の講演会リポートにもありますのでごらんになってみてください。

今回はおんりーわんの会員が、個々に今悩んでることや勉強したいことを直接先生にアドバイスをいただくという形の勉強会でした。

ここではプライバシーの問題もありますので、私自身が七野先生から受けたアドバイスをご紹介します。
サポートブックにも書いてありますが、うちの娘は火に対する恐怖心がとても大きいです。

それは療育園に通っていたころの消化訓練を見学したことがきっかけなのですが、それ以来バーベキュー、ガスコンロなどの火や、TVニュースの火事の様子にまで怖がって、ひどいときにはパニックにもなります。

大丈夫慣れてきたなぁーと思っていても、またすごく怖がったり。。。行きつ戻りつの状態です。

そのことを先生にご相談したところ、アドバイスをいただきました。


まず、火に対する恐怖心の原因がはっきりしてるので、その恐怖体験を本人に吐き出させてあげること。

その時、抱っこしてあげたり背中や手に触れながら、恐怖心に共感してあげること。(『怖かったんだね』などの言葉で)

私の娘の場合、根っこになってる恐怖体験(消化訓練)に、ガスコンロの体験やTVでの火事など、雪だるま式に恐怖心が植えつけられているので、今まで体験した恐怖心全てに共感してあげて、皮をはいでいくように根っこの体験を掘り出してあげるといいそうです。

その時、体に触れていると本人が安心できるのだとか。

とてもよい方法を聞きました。これは他の場面でも応用できますし、うちの娘に限らず他のお子さんでもよい方法ではないでしょうか。

心に自信をとり戻させてあげられる方法だと思います。

こんな感じで勉強会は大変有意義なものになりました。来年度も何度か勉強会をしていきたいと思います。


4月の交流会は20日(木)となりました。

新規におんりーわんへのご入会を考えておられる方、または見学してみたいとおっしゃる方は、お渡しする資料などの準備がありますので本館サイトからメールでご連絡くださるとありがたいです。

その他ご質問などもお気軽にどうぞ。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:発達障害 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2006/03/16 11:13】 | 親の会やサークル
トラックバック(0) |
サポートブックひな形を7日から発売開始させていただきましたが、早くも数件のお申し込みがあり、順次発送手続きをしているところであります♪


今日はちょっとご質問にお答えして追加情報です。


CD-ROMの発送方法は?

お申し込みフォームにも書きましたように、冊子小包、代金引換です。
傷などつかないよう、梱包にも工夫をしています。


hajime-1.jpg
商品の内容です。CD-ROMとインストール手順などを書いた説明書です。

hajime-2.jpg
このように梱包資材で包んであります。


購入後のサポートは?

はい、サポートはさせていただきます。CD収録のWeb版作成講座の掲示板かメールにて、出来るだけのフォローをさせていただこうと思っています。

FC2blog テーマ:発達障害 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2006/03/10 21:37】 | 発達障害
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。