おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月10日(木) おんりーわんの交流会がありました。

今回は、平成18年1月29日(日)に実施予定の、地頭所先生の勉強会について、話し合いをしました。

勉強会のテーマは
『親の気持ち 子の気持ち』
~子供達へのかかわり方や子育てのヒントを一緒に見つけませんか?~

というものに決まりました。

障害児を育てる保護者の方だけではなく、幅広く市民の方、子育て中の方、学校の先生方にも聞いて頂こうと思っています。

市報に勉強会のお知らせが載る予定です。

詳細が決まりましたらブログでもご紹介しますね。


12月の交流会は15日(木)です。多数ご参加下さい。


おんりーわん代表より
スポンサーサイト

【2005/11/20 13:21】 | 親の会やサークル
トラックバック(1) |
昨日の夕方のニュース『ほっとKANSAI』をご覧になりましたか?

大阪府立母子保健総合医療センターにて、日本では初めての試み、『クリニクラウン』の活動が行われました。

クリニクラウンとは
病院を意味する『クリニック』と滑稽な仕草や言葉で人々を楽しませる役割の道化師を指す『クラウン』を合わせた造語です。クリニクラウンは、病気や怪我で入院生活を送るこどもの病室を定期的に訪問し、遊びや会話によるコミュニケーションを通して、こどもたちから笑顔を引き出しています。
※日本クリニクラウン協会のHPから引用

昨日のニュースではクリニクラウンの卵たちのオーディション、実際母子センターで子供達に笑いを届ける様子がながれていました。

最初クリニクラウンを見た子供達は、突然の訪問にビックリしたのか緊張した様子でしたが、おどけたクラウンたちの表情やしぐさを見て可愛い笑顔を見せてくれていました。

母子センターなどでは、病気のため長期入院している子供達がたくさんいます。
大人でも辛い検査や治療に立ち向かっています。
クリニクラウンの目的は医療で補え切れない、『心の治療』なのでしょう。

『病は気から』とよく言いますが、気持ちの持ちようで免疫機能が低下したり高くなったりすることは、最近の情報からも知られています。

特に『笑い』にはその効果は絶大なのだそうです。

医療の発達とともに、心のケアはこれからますます重要になってくるでしょう。

このクリニクラウンの活動が全国に広がるといいですね。

母子センター訪問の様子はこちら

クリニクラウンについては、日本クリニクラウン協会をご覧になってください。


【2005/11/08 07:51】 | メディア
トラックバック(2) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
今回は我が家の下の男の子の話を。

今日は遠足だったのですが、もって帰ってきたお弁当のお箸。
なんと息子が自分で洗うというのです。

すご~い!エライ!

しかし後で洗ったお箸箱をチェックしてみたら・・・
なんと、1本足りない!どうやら失くしてきたみたい。

お昼寝から起きてきた息子に『何かお母さんに言うことあるんちゃうの?』と聞くと、『何のこと?』と、とぼけてる。
『お箸、どうかしたんちゃうの?』と聞くと、ようやく『失くした・・・』
と、言ってくれました。

本当に失くし物が多い我が息子。
よく聞いてみるともう1週間も前から学校でお箸を失くしていたそうです。
そう言えばこの頃自分で洗っていたっけ。気づくべきでした。

『何でもっと早く言わないの!!』ときつめに怒ってしまったのですが。

その後の夕食の時、もう一度『失くしたら失くしたって言ってくれないと困る。嘘つかれたり隠し事されんのはお母さんはイヤや』と言うと、

『だって、失くしたって言うたらお母さん怒るやろ・・・僕、怒られたくない・・・』と泣き出してしまいました。

やっぱり私に怒られるのがイヤで今まで嘘をよくついていたようなんです。
はぁ・・・私のやり方ってまずいんでしょうか。

しかし、ここでハッと思い出したことが。
先日の地頭所先生の勉強会で聞いたお話です。

子供が素直に自分の気持ちを言ってくれた時。
『言ってくれてお母さんは嬉しい』という気持ちをきちんと子供に伝える。


これがとっても大事なんだそうです。

当たり前なようですが、これを私たちは忘れがちなのかもしれません。
そのことに気づいて実行できる。
これが"ダイヤモンドを拾う"ことだと、地頭所先生は例えて言ってらっしゃいました。
子供がいってくれたその言葉。この貴重なチャンスを逃さないように。

私はこの話を思い出したのでダイヤモンドを拾いました。

『怒られるのがイヤやったから言えなかったんやね。正直に言ってくれてありがとう。お母さん嬉しいよ』

すると息子は『正直に話したほうがお母さん嬉しいの?』と聞くので『うん、お母さんは本当の気持ちが聞きたいから』と言いました。
息子は泣きながらうんうんと、頷いてました。

その後はとても穏やかな表情で夕食を食べていました。
その顔を見てすごく嬉しかった。

勉強したことを実践するのは難しい。
でも、やったらやっただけ、自分に返ってくるのだなぁと、今日は実感しました。


追記を閉じる▲

【2005/11/02 21:46】 | 我が家の話
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。