おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は地域の小学校に異例の2度目の体験入学に行った話を書いていきます。

地域に行く事に漠然とした不安、しかしとてもすぐには答えの出せないような大きな不安。
地域に行ってもうまくなじめないかも。周りの理解が得られず、娘は孤立するのでは…
そんな思いを抱えていた私に療育園の当時の園長先生はとても親身になって話を聞いてくれました。
そして事実関係を確かめるべく、もう一度地域の小学校に行って話しをしようと、段取りもしてくれました。

そして数日後、主人と私、娘と園長先生、教育委員会の方。すごい大人数で学校へ行きました。
前回の見学同様、教室を(この時は図書室も見せてもらった)見学し、養護級で入学したらお願いしたい事などを話しました。
話し合いの席には前回いなかった校長先生も同席してくれています。

教育委員会の方もいることから、やはり話は介助人の話になりました。
園長は、もちろんいろいろ大変な事がある子なのかもしれないが、介助人の補助を受ければ比較的スムーズは生活が送れると思う、と力説してくださいました。

校長先生もやはり介助人のことが気になるのか、『親御さんはああおっしゃっているが、実際のところ介助人はつけてあげられるのか』と教育委員会のかたに聞いていました。
教育委員会の方は『約束はできないが、なるべく親御さんの希望に添えられるように努力します』と、言ってくださいました。
それを聞いて校長先生も安心したのか、『娘さんが入学したら、こちらもできる限り支援していきたいと思います』というお返事をもらえました。

この言葉を聞いて、やはり校長先生も不安だったのかもしれない、と思いました。
やはり娘を学校で預かる以上、責任があると思われたのでしょうか…

とにかく不安もかなり解消できました。
園長先生も『養護学校のほうがいいと思わないでもない。やはりあそこはそのための設備や人が整ってるから。でも、地域には養護学校にないものがあるのは確か。大事なのはお母さん、親の"子供にはこうなってほしい"という明確な
意思、強い意志が必要ですよ。それさえあればどこへ行っても大丈夫。』
その言葉に私と主人の気持ちも固まりました。

『地域でお願いします』

11月半ば過ぎ、教育委員会に最終的に返事を告げました。
ランドセルを背にしょった娘の姿を思い浮かべ、安堵するとともに気持ちも引き締まりました。

これからいろんな体験をしていくだろう娘に、私がどれだけ支えになれるか。不安もありました。

次回はさらに親の気持ちについて書いていこうと思います。
スポンサーサイト

【2004/10/28 17:03】 | 発達障害
トラックバック(0) |
娘の進路を決めるとき、養護学校にするか、地域の小学校にするか、かなり迷ったので、その辺の心の揺れを今日は書こうと思います。

一通り見学や話し合いも終わり、進路決定まで思い悩む日々が続きました。
まず、両方のメリット、デメリットを整理してみました。

府立養護学校
メリット・・・娘の障害の特徴や状態に合わせて
       学習の内容を決めてくれる
       社会に出る準備を早くから指導してもらえる
デメリット・・娘にとってスムーズにこなせるカリキュラム
       が多く、葛藤する場面が見られない。
       (注:療育園、園長先生の見解)
       地域の子供たちと接する機会が少なくなる

地域小学校、特殊と普通の併用
メリット・・・娘にとって刺激が多く、手本となる児童の
       まねをしているうち社会性が自然と身につく
       地域の子供と交流を深めることができる
デメリット・・授業や行事のスケジュールの進み方が早く、
       娘がどのくらいついていけるか全てにおいて
       未知数

正直この時期、気持ちが養護学校のほうに傾いていた事がありました。
それは地域の小学校の校長先生が、娘が入学する事をかなり不安がっておられるように見えたからです。

娘は校長先生が不安になるほど、地域にやっていくのは難しい子なんだろうか。
そんなに娘にとってプラスにならないところなんだろうか。
私自身、娘が初めての子で、何もかも知らない事ばかりで…
眠れなかった夜も1度や2度ではありませんでした。
思考も堂々巡りになり、ネガティブな事ばかり考えてしまいます。

ある日、療育園の園長先生に、私の気持ちを聞いていただきました。
地域の小学校に出来れば行かせたいのだがあまりに不安が大きくてどうすればいいのか分らないと。
すると園長先生が、『もう一度小学校の見学に行かせてもらおう。私もついて行くから』と、力強くおっしゃってくださいました。

こうして異例の2度目の体験入学に行く事になりました。
次回はその様子を書いていこうと思います。

【2004/10/24 17:02】 | 発達障害
トラックバック(0) |
今日は養護の体験入学の話を書きます。

10月はじめに体験入学に行ったのですが、スケジュールの都合、土曜日に行く事になってしまいました。
当時はまだ、土曜日も学校がある時期でした。

内容は普通の授業風景ではなく、設定でお好み焼きパーティだったんです。娘が好きそうな内容です。
(普通の授業も見たいなぁという気持ちもあったのですが…)

この日も、園の担任の先生と一緒に行きました。
まず駐車場から正門までの道、高等部の子達で電車通学の子がどんどん歩いていきます。みなさんしっかりした足取りで学校に向かって歩いていました。私も成長した娘の姿を想像しながら歩きました。

学校に着くと教頭先生と挨拶をし、体験する教室へ案内してもらいました。1年生と2年生の合同の活動なのでわりに人数は多かったです。通常は6人くらいのところ倍以上はいたと思います。先生の数は2~3人に1人の割合でやはり多いです。

お好み焼きパーティーが始まりました。包丁などは使わないようで、キャベツの千切りはミキサーで切っていました。
その他はあらかじめ切った物や、混ぜるだけにしてあったりと、どの子も参加しやすいように設定されていたんだと思います。

ミキサーでキャベツを切る時、順番にミキサーのボタンを押すのを、先生が『やりたい人は手を挙げてください』とおっしゃって、子供達が自主的手を挙げるように待っているようでした。
積極的な子はどんどん手を挙げて、消極的な子は先生に促されながらどうするか考えてるようでした。

ここで気になったのは2人の子が同時に手を挙げたときでした。
一人の子(仮にAちゃん)は積極的な子で『ハイ!ハイ!私やります!』って感じで手を挙げていたのだけど、その時いつもはなかなか手を挙げない子(仮にB君)が、たまたまその日は積極的参加しようという気持ちが出ていたらしく、先生達が『B君がめずらしくやりたいと言ってるから譲ってあげて』とAちゃんに言ったんです。
すると、Aちゃんはしぶしぶ順番を譲ってくれました。

でも、問題なのはその後で、この同じような状態が何回も続き、結局Aちゃんは他の子に順番を何度も譲らされてしまったんです。

個人的な意見としては、これはちょっと違うのじゃないかと思いました。
最初に順番は手を挙げた子から、と言っていたにもかかわらず、何度もAちゃんを後回しにするのはおかしいと思うからです。
1度目はまだしも、何度も続くとAちゃんの気持ちはどうなってしまうのでしょうか。

それで、肝心の娘の様子はと言うと。
もともと、調理実習のような物は大好きだったので喜んで参加していました。キャベツ切りも『私もやっていい?』と不安そうな顔をしましたが『手を挙げていいよ』と合図すると、自分で手を挙げていました。順番も後回しにされることなく、何の問題もありませんでした。

そう、何も問題がなかった。スムーズにいきすぎました。そこに娘が葛藤している場面や、考えてる場面はあまりなかったように思います。

園でいた時お世話になっていた言語療法士の方からは、『授業の内容が難しすぎても簡単すぎてもいけない。"ちょっとだけ高いハードル"が子供に考えたり葛藤する場面を与え、それが成長につながる』というアドバイスを頂いたことがあるので、その考えからすると娘にとっては"低いハードル"なのかも知れない。(佐野養護の内容がレベルが低いのではなく、あくまで娘にとってのハードルという意味です)

お好み焼きパーティーの後は教頭先生とお話をしました。
学校に入ればどんなクラス編成をするのか、能力に合わせて学習内容を決めてくれるのか、などをお聞きしました。
この時は気持ちは少し地域にあったのであまり突っ込んだ質問はしなかったと思います。
教頭先生も体験入学以外でもいつでも相談に来てくださいとおしゃって下さったので、その日は短めに切り上げました。

園の担任の先生は『ここは12年間一貫して社会に出るための準備に重点を置いている。その辺に関してはプロだと思う。』とおっしゃっていました。
このことは教頭先生もおっしゃってたので、よく理解できます。授業の内容を見ていてもその事は伺えました。

地域か養護かの決定は11月中ごろまでなので、それまで思い悩む日々が続きました。
次回はその辺の私の心境の変化について書いていきたいと思います。

【2004/10/21 16:59】 | 発達障害
トラックバック(0) |
今日は地域の小学校の普通学級の体験入学について書きます。

前回の日記の続きなのですが、養護級を体験した後、すぐ普通級も体験しました。
こちらの場合、体験したというより、見学したといったほうが良いかもしれません。主に1年生のクラスを見学。内容は国語と算数でした。

まず、算数をしているクラスを見せてもらったのですが、娘は教室に入ると、みんなの座ってるほうをチラッと見ただけで、教室の後ろにあるランドセルばかり見ていました。
私が『みんなお勉強しているよ』といっても見向きもしませんでした。

仕方なく次の教室に行きました。ここで娘は教室に入りたがりませんでした。
このクラスは国語をしていたのですが、みんなの音読の声が大きくてビックリしてしまったようなんです(汗)
『いやだよ!いやだよ!』と言って決して入りませんでした。

また仕方なく、外へでて体育館へ行きました。
1年生ではなくてもっと上の学年の子達が体育の最中でした。
娘は体育館の端っこからみんなの様子を眺めていました。ここではあまりパニックは起こさなかったです。

一通り見せてもらった後、養護級に戻って養担と話をしました。
その時話したのは、介助の先生はつくのかどうか。
(教育委員会にいうべきところを、この時はまだ把握できてなくて先生に言ってました(汗)
やはり、国語と算数だけ通級するのか。
回答は市教委にされたものとほぼ同じで、『介助の件はまだ分らない。娘さんのレベルだと難しいかもしれない。通級に関しては入学してから様子を見て決めたい』
と、いうことでした。
この時も、うちの子には介助が絶対必要だということ、精神的に不安になりやすいので、安定させるためにも養護級を使わせてほしい、ということをお願いしておきました。

この日一つ残念だったのは、養護級に通級している子供さんが、普通級でどんな風に過ごしているのか見られなかったことです。
私は娘に介助をつけてもらおうと思っていたので、介助の先生がどんな風に子供さんをフォローしているか知りたかったからです。
事前に確認(あるいは希望)しておけば良かったと、少し後悔しました。

地域の小学校の体験入学はこんな感じでした。
この時、木馬園の担任の先生は、うちの娘は地域でやっていけると言ってくださいました。
私は本当にそうなのだろうかと、不安で仕方なかったんです。
普通級に入ろうとしなかった娘の様子を見て、少し落ち込み気味でもありました。
しかし、ここの様子だけ見て決めることはできないので、全ては養護学校のほうを体験してからだと、気持ちを新たにしました。

次回は佐野養護学校の体験入学の話を書いていきたいと思います。

【2004/10/18 16:58】 | 発達障害
トラックバック(0) |
今日は項目③の地域の小学校の体験入学の話を書きます。

4年前の9月の終わりごろ、木馬園の担任の先生とワタシと主人、娘の4人で小学校の体験入学に行きました。
時間は2時間くらい。まず養護学級の見学に行きました。

養護級の教室は普通の教室と同じくらいの広さ。違うのは備品がたくさん置いてあるところです。
ミニバスケットやトランポリンがあったり、教材などもたくさん置いてありました。

その当時、1年生の男の子が勉強してるところを見せてもらいました。
その子は字を覚えたばかりなのか、自分の名前を一生懸命練習していました。
ワタシは娘をそばに座らせて『名前を書く練習してるんだって』と言いながら一緒に見ていました。
すると養護級の先生が『何か書きたかったら紙をあげるよ』といって、紙をくださいました。
すると紙をもらったとたん、『書かれへん~書かれへん~!』と、娘がパニックになってしまったのです!
どうやら自分も1年生の男の子と同じように名前を書かなくてはいけないと思い込んでしまったようなんです。
すると先生が『何でもいいよ。好きな絵とかでもいいんだよ』と言ってくれたのですが、『イヤ~イヤ~!』と言ってパニックは続きました。

どうしようかと考えてるうちにある事に気づきました。
娘は名前を書いてみたいんじゃないだろうか。
当時書ける字は『い』と『し』で、どちらも名前には入っていません。
ためしに紙に薄く色鉛筆でひらがなで名前を書いて『ここに名前が書いてあるから、この字をなぞって書いてごらん』そう言って紙を見せると、パニックは収まって字をなぞり始めました。

ああ、やっぱりそうだったんだ…
お友達と同じようにしたい気持ちが強いんだな、と改めて感じました。
すごくお友達のやることに興味をもっている、よく見ている。
これは当時の娘にとってはものすごい進歩です。

それと同時に不安も感じました。
娘は結局名前を書いてみたかったのだけど、こんな風にパニックになると、書くことがいやなんだと思われてしまうのじゃないか、というものです。
やりたいことがあっても、不安になったりうまく言えなかったりすると、混乱して気持ちをどのように伝えたらいいのか分からなくなるようなんです。
これは地域に行ったとき、ぜひ担任の先生にわかっていただかなくてはいけないことだと思いました。

養護級の見学はこんな感じでした。この後、普通級の見学もしたのですが、長くなりそうなので次回にしたいと思います(汗)

【2004/10/16 16:57】 | 発達障害
トラックバック(0) |
今日は項目②の地域の小学校から校長先生と養護担任(以下養担)が木馬園に見学にいらっしゃった時のとこを書いていきます。

9月の終盤ごろ、木馬園に小学校の校長、養担が娘の様子を見に来てくださいました。
木馬園では登園して最初の30分、母子遊びをするのが毎日の日課なのですが、前半はその様子をご覧になったり、後半は教室での様子見ておられたと思います。
時間にして15分か20分程度でしょうか。
一通り、娘の様子を見ていただいてから、校長先生、養担、木馬園の園長、娘の担任、そして私、とこんなメンバーで話し合いがありました。

校長や養担には娘の様子を率直にお話しました。
どんな事が得意か、反対に苦手なことは何か。
性格や普段の様子をできるだけ細かく伝えました。
娘のいい面もお話しましたが、むしろ苦手な面を詳しく伝えるようにしました。
そのほうが入学した時、娘にいい状態のサポートが受けられると思ったからです。

その時いらっしゃった校長先生は娘のパニックになるところや、あまり積極的でない性格から、教室で隅っこにおいやられるのでは、という心配をしきりにしておられました。

そこで介助の先生の話をしました。
泉佐野市では配慮のいる児童のために、介助人制度という物があります。
全ての障害児につけてもらえるわけではありませんが、必要に応じて検討されるようです。

ここぞとばかりに私は、娘に介助人がいてくれると比較的学校生活がスムーズに送れる事や、身辺自立はだいぶできているので、精神的なサポートが必要だということを強調しておきました。

ここだけの話、かなり当時の校長先生は娘が地域に行く事を不安がっておられるようでした。
憶測ですが、当時の学校の状態が少し大変だったのかもしれません。
しかし、もし地域でお世話になるとすれば、娘に合った環境を整えてもらわないといけないので、かなり熱心に介助人の話はしたと思います。

しかし、介助人の決定権は市教委にあったので、もう一度同じ話を市教委にする羽目になってしまったのですが(汗)

私からは学校の養護学級の様子を少し質問しただけでその日の話し合いは終わりました。
このあとに学校への体験入学が控えていたので、その時に詳しくお聞きしようと思ったからです。

次回の連載は項目③の地域の小学校の体験入学について書いていきたいと思います。

【2004/10/14 16:56】 | 発達障害
トラックバック(0) |
今日は項目①の就学相談会について書きます。

泉佐野市では9月ぐらいに発達が遅れている児童らの保護者に対して、就学相談会が行われます。
一日この日、と決めて、市役所の会議室などで行われているようです。

うちの娘の場合は木馬園から日程を知らされたのですが、保育園や幼稚園の方の場合、園から知らせてもらえることもありますが、なかには市報で見てはじめて知った、と言う方もいらっしゃいました。

就学相談会で行われている内容は、今現在での小学校の養護学級の事情などの説明や、保護者からの質問に対して答えてもらえる、といった事が中心のようです。

私の質問した内容は
①娘が入学した時に養護学級をどのように使わせてもらえるのか。
②国語と算数以外でも子供の状態にあわせて通級できるのか。
③介助人はどんな子にもつけてもらえるのか。
④年度の途中で養護学級に行きたいと思っても可能か。
⑤あるいは年度の途中で佐野養護に変わることもできるのか。

だいたいこんな感じだったと思います。
各項目の回答は
①知的障害児の場合、国語と算数を通級している場合が多い。
②他の教科でも必要に応じて可能な場合がある。
③泉佐野市の財政上、全員につけることは難しいが、必要な児童にはなるべくつけていく方針。
④⑤年度の途中で変わるのは、教師の数を揃えるのが困難なため、難しい。

こういう回答でした。
就学相談会に行く前は何を聞いておくか、あらかじめ先輩方の話を参考にさせていただき、質問内容を考えてから行きました。
相談会で話を聞いてるうち、新たな疑問がわいてきたらその場で質問したり、日がたってから質問したい事が出てくれば直接聞いたりもしました。
分らない事はうやむやにせず、とことん聞く癖をこの相談会からつけておいたほうがいいと思います。
小学校に行くとそういった場面がすごく多くなるからです。

相談会はこんな感じでしょうか。

次回は項目②の小学校の校長先生が見学に来てくださった話を書きたいと思います。

質問等、メールや掲示板にて受け付けていますので、お気軽にどうぞ♪

【2004/10/12 16:55】 | 発達障害
トラックバック(0) |
かなり日記の方をサボってしまって申し訳ありません。
運動会や祭りも終わり、ようやく落ち着きましたので、日記再開です(笑)

さて今のシーズン、就学前の5歳児さんは進路の事でお悩みの保護者の方もいらっしゃることでしょう。
そこで今月は私の小4の娘が就学時に悩んだ事や体験したことを日記に連載していこうと思います。
ご期待下さい(笑)


第1回目はまず、どういう手順で進路を決めたのかお話しします。

うちの娘は5歳児の時は木馬園にいましたので、先生方が進路相談に応じてくださり、情報はたくさん入ってきました。

手順としては
①市役所にて行われる就学相談会に参加。(保護者)
②木馬園に地域の小学校の校長先生と養護担任が見学に来園。
③地域の小学校と佐野養護学校に体験入学。(保護者&児童)
④市教委の方と介助人について相談。
⑤木馬園の先生方と相談。どの進路がいいか比較検討。
⑥市教委に進路先を報告。

木馬園にいると大体こんな感じだったと思います。
保育園や幼稚園にいる方は少し事情が違うかと思いますが、見学や体験入学は各学校に申し込みをすると、たいていは応じてもらえると思います。
1度で納得できなければ何度でも学校や市教委と話し合う方が良いでしょう。

上に記した手順の他に、合間に発達検査が入ったり、医師の診察が必要な場合もあるようです。
特に養護学級に通級する場合や介助人をつけてもらう場合に診断が必要な時があるのかもしれません。
娘の時は必要なかったのですが、知り合いの保護者の方に必要だったと聞いたことがあります。

次回からは各項目について詳しく掘り下げていきたいと思います。

【2004/10/11 16:53】 | 発達障害
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。