おしらせ

管理人のその他のブログや情報ページ
発達障害児のためのサポートブック情報
サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。
USJバリアフリーリポート
管理人が実際に体験したリポートです。

★ご意見ご感想、お問い合わせなど、お気軽に メールください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はサマースクールに参加の予定だったのですが。
なんだかお天気もややこしく、下の男の子が風邪気味ということもあって欠席しました。
う~ん、とっても残念!
このサマースクールはボランティアさんが充実してるので安心して楽しめる行事の一つです。
お日様が照ったり陰ったりしてるのでかなり参加するかどうか迷ったですが。

明日はできるだけ参加したいなぁと思っています。
スポンサーサイト

【2004/07/31 16:43】 | 我が家の話
トラックバック(0) |
うちの娘、この頃おしゃれに目覚めてます。もう今年10歳。これも成長の一つ?でしょうか。
茶髪にしたいとか、マニキュアを塗りたいとか、なんだかいっちょ前なこと言ってます(笑)
しかしうちの娘、茶髪にするのはちょっとどうよ?美容院で髪切るだけであんなにさわぐのに、毛染めなんかできるわけないやん!
それに学校に行くのもあんまりな感じだしね。

そこでもう一つの希望でマニキュアを塗ることに。
これだと長くても5日くらいで落ちてしまうし、大丈夫でしょう。

今日、お風呂から上がった娘にさっそく塗ってあげました。昔、おもちゃの子供用のマニキュアでさんざんやったことがあるので、塗る間はじっとしています。
おまけに今日は二度塗りまで、できてしまいました!
ちょっと変わったラメ入りのピンク。
夏らしくていい感じです。

こういう娘の変化は正直とっても嬉しい♪
ちゃんと10歳の部分もあるんですね。

【2004/07/26 16:39】 | 我が家の話
トラックバック(0) |
今日は朝から子供達が旦那の実家に行ってるので、ゆっくりPC。
それで前からブックマークしておいたWeb版の新聞記事を改めてゆっくり読み返してみたんです。

7月3日の毎日新聞の記事で『うちの子 自閉症児とその家族』という記事の連載です。
この記事は朝日新聞の記者の方で、実際に自閉症児のお子さんを育ててらっしゃる方が連載記事を書いてらしゃいます。
記事を書くきっかけなんかはWeb上で詳しく書いてらっしゃるので読んでみてください。

私個人の感想を正直に書きます。

どうして死を選んでしまったのか。私の中では『気持ちがよくわかる』と頷いてる私と『死んだらアカンやん!』と、反発する私が混在していて、自分でも戸惑ってしまいます。

周りの白い目や無理解、家庭環境や自分の精神状態に押しつぶされそうになる…私もそんな経験をしています。
実際に『この子が死んでしまったら楽になるかな』と想像することもあります。
でも想像の中の私は泣いています。決して楽にはなれないのです。

障害児を育てることに苦労を感じる。
これも個人差があるのでしょう。娘の事がよくわからなかった時期はものすごく苦労を感じました。
終わりのない(と感じる)苦しみに追い詰められていました。
表面上はあかるく取り繕っても心はドロドロでした。
しかし今の私はドロドロ状態からサラサラ状態に近づいてきました。
友人達が家族がそして何より娘本人の成長が私にきれいな水を注いでくれ、ドロドロが薄くなってきました。
まだまだかなり不純物は混じっているのですが(笑)

もちろん、健常児を育てる事も苦労の連続です。障害児を育ててる方だけが子育てに苦労しているのでないと思います。

子育てが楽しくなくなるのはどうしてでしょう。
まだまだ、答えは出てきません。きっとこの先も明快な答えが出るとも思えません。
その背景は複雑で個々によってあまりに違うからです。

でも、一つだけいえることは必ず楽しいと思える時があるということです。苦労ばかりのようでも子供は確実に成長し、嬉しい姿を見せてくれます。
それは気付かないくらいとても小さな出来事かも知れません。
しかし、その出来事をしっかりキャッチするため、私たちは常にアンテナを立てておく必要があるのでしょう。
後ろ向きでいるよりも、そのほうがよっぽど楽だと思いませんか?

この日記を読んで『そんな楽観的にはなれない』と感じる方もあるでしょう。
でもどうかそんな自分を責めるのは止めてください。
あなたはちっとも悪くありませんから。

【2004/07/23 16:37】 | 発達障害
トラックバック(0) |
今日はおんりーわんの夏休みのレクリエーションに参加してきました。
内容は買い物学習です。

みんな受付でも挨拶してくれ、今日の予定の紙にも自分の名前を書いたりするのも落ち着いてしていました。

近くのスーパーへ買い物に行く時も勝手な行動もなくスムーズでした。

みんなでお菓子を食べるときはお友達のお菓子を見て"自分のと一緒"と喜んだり、お菓子の交換をしてみたりとコミュニケーションする姿がみられました。

風船遊びもしました。
この風船遊びがとっても子供達にとっては良かったみたいです。聞いた話によると、感覚統合にも風船遊びが使われるそうです。
中にはお友達や大人の人に『一緒にしよう』と誘ったり、風船の他にも"だるまさんが転んだ"をはじめたりと、遊びに積極的でした。

この時のみんなの表情が印象的でした。
どの子も楽しそうで笑顔が輝いていました。こんな笑顔が子供たちにもっともっと増えていくといいですね。

【2004/07/21 16:35】 | 親の会やサークル
トラックバック(0) |
今日は子供達の終業式でした。
いろいろプリントやら宿題やらを持ち帰ってきました。

さぁ~今年の夏休みの宿題はどんなのが出てるんだろう。
そう思いながら娘のプリントチェックしてたんだけど、何回見て肝心の"学年だより"がない。どんな宿題が出されてるか一覧になったのがあるはず。
おかしいなぁ~。。。弟の方はちゃんと"学年だより"があるし。
何度見てもないので学校に電話してみた。時刻は4時半。先生、学校にいらっしゃるだろうか。

幸い担任の先生はいらっしゃって、聞いてみると、学年だよりは金曜日に渡したという。
それもプリント類が多いので失くさないようにとわざわざホッチキスでまとめてくれたらしい。
『もう一度探してみます』
そう言って電話を切り、娘に『ホッチキスでとめたプリントもらった?』と聞くと『ああ!ランドセルの中かも』と言って探しにいった。
さっき『学年だよりもらった?』って聞くと『もらってない』ってあっさり言ったくせにぃ~~

しばらくしてプリントは見つかりました。
まぁ、ちゃんと調べなかった私も悪いんです。。。

その後担任の先生からお電話をもらい、無事見つかったことをお伝えしました。お騒がせして申し訳ありません。

とにかく恐怖の(?)夏休みが始まります。今年は支援教室のキャンプやいおんりーわんの夏レクなんかがあったりして子供達にとっては楽しい夏休みなりそうです。

【2004/07/20 16:35】 | 発達障害
トラックバック(0) |
またまたご無沙汰しています…

下の子があれから入院し、(結局腸炎でした)ちょっとあわただしい毎日が続いていました。
たった2日で退院し、明日から学校にも行けそうです。

けど我が息子、食べられるようになったのが嬉しいのか、さっきの昼食でバクバクといろんな物を食べていました。
ロー○ンの新発売、"野菜炒めとポテトのホットドッグ"と、大きなゼリー、おまけに消化の悪いグミを一袋。
私も油断していて「もう大丈夫やろ~」とたかをくくり、食べたいだけ食べさせてしまった(汗)

そしたらその1時間後、ちょっとだけ戻してしまいました…
明らかに急に食べすぎたのが原因です。
さすがに『2時になったらアイスを食べる』と言っていたのは止めさせました。
(あたりまえっす)

今は静かにお昼寝中。

しかし、最近の暑さはものすごいですね!
今日も35度はありそうです。

明日は学校の個人懇談です。
暑いけど自転車こいで行ってきます(笑)

【2004/07/14 16:34】 | 我が家の話
トラックバック(0) |
この頃日記の更新が滞り気味で申し分けありません(汗)

最近、講演会が続いてリポートをサイト内にUPしていたのと、実は我が家の下の男の子が、自家中毒症で1週間も学校を休んでるんです。
今回のはひどいらしく、熱まで出て食事もほとんどとれない状態が続いてました。
今日はかなり良くなってきて、トーストを食べてくれたので、もう少しで回復するかな。

そんなわけで明日のおんりーわんは欠席です…
皆さんごめんなさい。

そうそう、嬉しい事もありました!
下の子が闘病中は上の娘が大活躍!
連絡帳を弟のクラスの先生へ届けてくれたり、疲れてる私に代わってお風呂洗いをしてくれたり。
弟が寝ているとやさしくタオルケットをかけてあげたりもしてくれました。
自閉症児は他人の気持ちが推し量ることが難しいといわれていますよね。
でも、全く分らないわけじゃなく、娘はちゃんと家族の事を思いやっていると感じます。

さっきも学校から帰ってきて、弟が学校で育てているミニトマトをいくつかもいで、持って帰ってきてくれました。

嬉しそうな弟。
その顔を見て娘も嬉しそうです。

【2004/07/07 16:32】 | 発達障害
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。